リフォームをする人が増えているワケ

リフォームをする人が増えている理由としては、手軽にリフォームができる環境が整っているということが大きいです。中古住宅を買う人が増えたことで、リフォームをする人が多くなりました。そのため、手頃な価格でリフォームできるようになったのです。

リノベーションとリフォームの違いについて

新築に戻すか新築以上をにするかの違い

基本的にはリフォームは新築の状態に戻そうとすることを言います。現状復帰というのがそもそもの使われ方です。一方、リノベーションは大規模な改善を行うことで、新築のとき以上に価値や性能を向上させることを言います。

工事の規模で違う

壁紙の張り替えやシステムキッチンの入れ換えなどの、比較的工事規模が小さいものはリフォームに分類されます。一方、配管設備の工事、間取りの変更、冷暖房設備の変更などの大規模な工事はリノベーションに分類されることが多いです。

リフォームやリノベーションは業者依頼が便利

リフォームやリノベーションは自分でしようとしても、ノウハウがないために手間がかかってしまいます。DIYなどの道具や材料が揃っているとはいえ、素人には簡単にできないです。その点、業者はプロですので工期は短く、仕上がりはきれいでしょう。

リフォームの希望が多い場所ランキング

リフォーム
no.1

キッチン

キッチンは時代と共に進化していますので、新しいシステムキッチンを見てしまうと欲しくなる人が多いです。また、使い勝手の悪いキッチンを変えてしまいたいという人も少なくありません。使っていくうちに使いにくさが非常に大きく出てやすいのがキッチンなのです。

no.2

お風呂

お風呂のリフォームは半分は修理目的の人がいます。お風呂は新築からある程度立つと壊れてしまうことがあります。壊れてしまうとすぐにでも修理しないと生活しにくいので、リフォームするという流れになるのです。また、お風呂の新しい機能を使いたいという理由でリフォームする人も少なくありません。

no.3

トイレ

トイレのリフォームはほとんどが修理のためのリフォームです。トイレは壊れにくいイメージですが、絶対に壊れないものではありません。特にウォシュレットになってからは、壊れる確率は上がっています。ウォシュレットは電気で動くものですので、決して壊れないものではないのです。

東京で住宅リフォームを進めよう♪

人気のリフォームで住宅を綺麗にする【リフォームの魅力とは】

道具

リフォームやリノベーションをやるタイミングと工事期間

リフォームやリノベーションをするタイミングとしては、壊れたタイミングか家族が増えるタイミングがいいでしょう。どこかが壊れたタイミングで他のものを含めて直すというのもよくあるタイミングです。また、家族が増えると家の使い方が変わってくる可能性が高いですので、新しい家族のためにリフォームやリノベーションをするというのはよくあります。このような工事期間は箇所数や場所によって大きく変わりますが、数日から数ヵ月は考えておく必要があるでしょう。

リフォームをさいたまでしよう?

広告募集中